団体会則

第1章 総則 

(名称)

第1条 本会は、未来を創る Women’s Projects と称する。


 (事務所)

第2条 本会は事務所を各代表者宅に置く。


(目的及び組織)

第3条 本会は、「違いを認めつつ、ともに生きていく社会」を目指して、ひとりひとりが知り、考え、 繋がることを目標に活動することを目的とする。


(活動)

第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の活動を行う。また、営利目的の活動は、これを行 わない。

(1)企画の検討及び立案並びにその実施に関すること。

(2)実施のために必要な各種手続きに関すること。

(3)協賛・後援等の支援団体の募集に関すること。

(4)その他目的の達成のために必要な事務に関すること。


(入会・退会)

第5条 本会に入会しようとする者は、入会する旨を事務局へ提出し、役員会の承認を得て会員になることができる。

また、退会希望者は、退会の旨を事務局へ提出することにより退会となる。 

会の趣旨に反する発言、会の運営を妨げるような行為、この会で知り得た個人情報について本人の承諾を得ずに第三者に漏洩した等の行為が認められた場合は、役員会の審議の上、強制的に退会させるこ とができる。


第2章 役員

(役員)

第6条 当会役員は、この会の10名を役員とする。

 2 役員は会の代表である。

 3 代表を活動拠点である東京、神奈川、埼玉、千葉から 1 名ずつ、役員の互選をもって計4名 定める。

 4 代表役員は、会を代表し会務を総理する。

 5 会の運営及び活動等に関する決定については、役員の過半数を持って決める。


第3章 機関

(機関)

第7条 本会に次の機関を置く。

1 役員会を置く。


(役員会)

第8条 役員会は本会の最高意思決定機関であり、役員の動議により随時開催するものとする。


第4章 事務及び会計

 (事務)

第9条 本会に事務局を設け、役員の命により事務処理に当たる。


(会計)

第10条 本会の経費は、寄付金、主催イベントの入場料その他の収入をもってあてる。

 2 イベント開催ごとに会計は完結し、繰り越しを行わない。

 3 余剰収益が発生した場合は、講演会等の趣旨に即する諸団体に寄付をする。また集客時にその旨

  広報する。


第5章 補則 

(会則の変更)

第11条 この会則の改廃は、役員の半数以上の決議を要する。


(規則等の規定)

第12条 この会則の施行について必要な事項は規則等で定める事ができる。 規則等の規定及び改廃は役員会の議を経て定める。


附則

1 この会則は、2016年1月10日から施行する。

この規約の記載内容について事実と相違ない事を証明いたします。